読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさしい介護学

12年間の介護職体験談を思いのままに綴ります。

浣腸とBB?

     勤務2日目

 初日のショック体験から一夜明け、何とか気力をふりしぼり、不安と混乱を引きずりつつも、出勤することが出来ました。今日は何するんだろう?スタッフと仲良くなれるかな?今日もショックな事がいっぱいあるのかな?と、ロッカールームで制服に着替えつつ、頭の中でぶつぶつとつぶやきながら、考えていました。

 

 まずは、初日に出勤していなかったスタッフに簡単に自己紹介をしました。出勤初日は、女性でありながらも、ラグビー選手かプロレスラーのごとく、いかつい体格の女子?ばかりでしたが、2日目に出勤していた人は、正反対で若くて小柄な女子が数人いて少しホッとしました。さて、いよいよ業務開始です。

     申し送り

 まずは、夜勤者から【申し送り】を受けます。申し送りとは、夜勤帯に起きた重要事項、患者さんの状況変化や支援内容、生活状況特変事項、日勤当日の予定などを伝えてもらうことです。

 

 高齢者の介護は、日々変化が大きいため、業務を始める前に、メモを取りながら、頭に叩き込む必要があります。「知りませんでした。聞いてませんでした。」では通用しません。事故が起きてからでは遅いので、正確に聞き、また伝えることが重要になってきます。

 

     浣腸の日?

 前日は、年配の主任さんに付いて、オリエンテーション中心の一日でしたが、この日から、先輩介護士に付いて、業務を教えてもらいながらの修行?の始まりとなりました。

 

 先輩介護士は、小柄な女性スタッフで、20代前半かな?といった感じの方でした。特に説明もなく、「じゃ~行こか!今日は浣腸の日やから!」それだけ言うと、看護師と2人1組みになり、次々とベッドに横になっている患者さんのおしりに、浣腸液らしきものを注入していくのでした。「なるほど・・・、浣腸の日ね・・・」僕は、2人の後姿を追うようにして、その光景を見ているだけで、特に何もできませんでした。

 

 その日は、60人の患者さんの内、約30人ほど浣腸をしたかと思います。しかし、浣腸が必要になるくらい、高齢者って便秘になるんかな~?っと、独り言を頭の中でつぶやいていました。

 

 介護士と看護師でチームを組み、15分ほどで浣腸の注入作業を終えると、先輩介護士から「今からBBするから。」と言われ、タオル2本と黄色のママレモンの容器を持って、各患者さんの居室へ入って行くのでした。

       BB?

「BB? ママレモンの容器の中には何が入ってるの?」そんな疑問を抱きながら、先輩と一緒にBBなるものをやっていくことになりました。まず、寝たきりの患者さんの着物を脱いでもらい、温かいタオルで全身を拭いていきます。

 

 そして、おむつのテープをはずし、その上からママレモンの容器で大事なところやおしりを洗います。その後、新しいおむつを装着します。ママレモンの容器の中は、温かいお湯が入っているようでした。いわゆる清拭と言われるもので、入浴ができない方や、入浴しない日に、温かいタオルで体を拭くサービスの事を言います。

 BBは、【BED BATH】の略でした。

 

     便 便 便!!!

 一通り、BBが終わって、一息する間もなく、その女性介護士の先輩から、「じゃ~浣腸まわろか!」という一言。笑うことなく、怒ることなく、淡々とした口調で、僕を導いてくれます。

 

 先程、浣腸液を注入していった患者さんのところへ行き、おむつ内を確認してゆくと、当然便が出ています。その便を起用に取り除き、ママレモンの容器に入ったお湯でこれまた起用に流した後、温かいタオルでおしりや大事なところを拭き、新しいおむつを装着し、ズボンや着物を着てもらうという作業を、素早くやっていきます。

 

 30人ほど患者さんがいるため、4~5人の介護士と数名の看護師が協力しながら、作業を進めるのですが、患者さんによって、便の性質というか形状が色々で、おむつ内に収まらない方や、収まらないどころか、ベッド上に便が流れていたり、さらには、自分の便を触っていたりする方もいて、とてもとてもこの世のものではない状況をみてしまいました。

 

 先輩に「この浣腸作業って、月に何回あるんですか?」と質問すると、「あんた何言ってんの!週2回するで!」と聞いた瞬間、「まじで、あかん、無理かも・・・!?」と、心の底から声が漏れたのでした。